ホーム > DTPメディア > 導入事例 > 在庫の一元管理&売上分析に基づく商品開発

DTPメディア

在庫の一元管理&売上分析に基づく商品開発

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
在庫の一元管理&売上分析に基づく商品開発

<企業概要・事業内容>

【企業名】 株式会社レイ・カズン
【事業内容】 婦人服、雑貨の企画、製造、卸、販売
【URL】 https://www.raycassin.jp/
【導入システム】 Creative Vision.NET

株式会社レイ・カズンでは、婦人服の企画から販売まで全てを自社で行っています。
現在展開しているブランドは「RayCassin」「DOUBLENAME」「MJUKA.」「frames RAYCASSIN」「EMMA LIMBER」「ENsMOL.」です。この6つのブランドを通して、お客様の日々の暮らしに寄り添い、心地良い服と共に織りなすライフスタイルを提案しています。


<目次>

1.どのような業務にCV.NETを活用していますか?
2.CV.NETの便利だと感じる機能は何ですか?
3.アパレル企業ならではの機能は何ですか?
4.導入システム

1.どのような業務にCV.NETを活用していますか?

生産管理においては、商品マスタ登録仕入入力在庫管理棚卸入力配分入力納品伝票作成売上分析などの機能を使用しています。
発注した商品は、「商品マスタ」で品番、色番、原産国、混率などの商品情報を入力して品番登録を行います。入荷した商品は、「仕入入力」をすることで伝票・在庫管理を行っています。
また、「配分入力」で店舗ごとの配分枚数を入力し、店舗へ商品を発送する際の納品伝票もCV.NETを利用して作成しています。

店舗では、勤怠の管理と、在庫管理に活用しています。在庫管理は売り上げを入力したり、自店舗の在庫確認、店舗間での在庫の移動・確定他店舗の売れ筋も見ることができるので、とても助かっています。

2.CV.NETの便利だと感じる機能は何ですか?

管理する商品数が多いため、簡単に商品情報の登録・変更・確認ができるのがとても便利です。「店舗稼働ビュー」を利用すると物流・実店舗・ECモールの在庫状況を一目で把握することができます
商品に在庫差異が出てしまった場合でも「品番別受払表」で商品の移動データを細かく追跡することができるのでとても役立っています。



株式会社レイ・カズン
(左から)
フレームス・アウトレット事業部
生産管理 鈴木 様
RAY CASSIN事業部
生産管理 小島 様

3.アパレル企業ならではの機能は何ですか?

展示会商品の受注入力システムです。事前に取引先コード別に受注入力をしておくと、全ての商品の受注数量を把握することが可能です。
また、入荷した商品を配分する際に配分画面に受注数が全て一覧で表示されるため、受注リストを確認せずにスムーズに配分ができるのでおすすめです。

売上分析では1日ごと又は期間を絞って過去の売れ筋を簡単に調べる事ができます。
企画する際には、過去のデータを分析しながら商品作りができるのでとても役立っています。
また、店舗稼働ビューでは、品番ごとに店舗在庫を確認することができます。店舗ごとの投入日、売上日、返品日が色別に表記されているので把握しやすいです。




4.導入システム

・販売管理ソリューション Creative Vision.NET


※店舗画像は、2020年10月に撮影したものです。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加